外壁塗装リフォームについて

外壁塗装リフォームの事をもっと皆様に分かりやすく、そして安心して御依頼いただけますよう、
こちらのページを拝見してくださいませ。

外壁塗装リフォームの流れや工程・費用感なども公開しております。

また、費用がお安くなる情報も掲載しております。

外壁塗装リフォームの基本

塗料の種類

塗料の種類はアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素を取り扱っております。
(各1液性・2液性があります)

  • アクリル
    塗料の特徴
    値段が安く、定期的に色のふ塗り替えを楽しみたい方向きの塗料。
    デメリット
    耐久機能が有効な間は防水機能があるが、外壁を保護する塗料としては、おすすめできない。
    耐久年数
    3~5
  • ウレタン
    塗料の特徴
    一般的に良く使われている塗料で、価格と機能のバランスが良い塗料。
    デメリット
    耐久性が劣るので、長期的な外観維持には不向き。
    耐久年数
    5~7
  • シリコン
    塗料の特徴
    価格と機能のバランスが良い。カラーバリエーションを楽しみたい方に最適。
    デメリット
    次の塗り替え時期までの充分な耐久性がなく、建物を守り続けるには不十分な場合もある。
    耐久年数
    7~10
  • フッ素
    塗料の特徴
    耐久性を優先する方におすすめ。長期間にわたり変退色、艶引けがなく、耐久性において最高レベル。
    デメリット
    コストが高めで、塗膜が固いものが多く、ひび割れしやすいので注意が必要です。
    耐久年数
    15年~
  • 光触媒
    塗料の特徴
    光触媒塗料の特徴は防汚性に優れており、汚れがつきにくく、汚れたときもすぐに洗い流せるセルフクリーニング機能があることで、これは他の塗料にはない機能です。メーカーは光触媒塗料の耐用年数を20年(フッ素塗料と同等)としていますが飽くまでも目安となります。
    デメリット
    特殊な塗料のため施工が極めて難しく屋外で施工する場合、施工する職人の経験により性能の差があることが挙げられます。現在光触媒塗料は認定施工店でしか取り扱うことができないためフッ素塗料より高額です。弊社では光触媒塗料は取り扱っておりません。
    耐久年数
    20年~

塗装の仕方

まず、足場を組み、高圧洗浄を行い、下地処理を行っていきます。

下地調整をして養生を行ったあと、下塗り、中塗り、上塗りの順に塗装作業を行っていきます。

作業を終えたら確認作業をして、足場を解体して外壁塗装リフォームは完了いたします。

塗装後のトラブルを防ぐために

外壁リフォームの業者にも塗装を得意とする業者もいれば張替えを得意とする業者もいるので計画しているリフォームに合った業者を選びぶことがトラブル防止に繋がります。

また、お客様目線で提案してくれる誠実さ、経験年数の長さや施工件数の多さ、他社と比較して適正価格を提示しているかどうか、ひび割れや剥がれた時のフォーローがあるかどうかも確かめましょう。

サイディングの貼替え

貼替え工法の種類は、
①既存の外壁を撤去して新しい外壁を貼る
②今ある外壁の上から新しい外壁を貼る
という2種類のも方法があり、①のほうが高額になります。
種類は窯業系サイディング、金属系、ALC、タイルとなります。

費用の算出方法と日数

塗装の目安費用感

お客様が気になるのはやはり費用感の部分です。
こちらに一般的な目安となる費用感を掲載いたしました。
是非、ご参考にしてくださいませ

塗装の目安費用感

お客様が気になるのはやはり費用感の部分です。
こちらに一般的な目安となる費用感を掲載いたしました。
是非、ご参考にしてくださいませ

  • カラーベスト【塗装+シーラー】
    ウレタン

    2,400円/㎡

    遮熱入り2,850円/㎡

    シリコン

    2,700円/㎡

    遮熱入り3,150円/㎡

    フッ素

    5,000円/㎡

    遮熱入り5,700円/㎡

    断熱材

    1,800円/㎡

  • トタン、折半【塗装+錆止め】
    ウレタン

    2,500円/㎡

    遮熱入り2,950円/㎡

    シリコン

    2,800円/㎡

    遮熱入り3,250円/㎡

    フッ素

    5,100円/㎡

    遮熱入り5,800円/㎡

    断熱材

    1,900円/㎡

塗装工程日数

工程日数は建物規模にもよりますが、一般的な家で約1週間(実働5日)で可能でございます。
時期的な問題は特にございませんが、雨天はできないので梅雨時期・台風時期などは工期延長もあり仕上がり・費用感の両面から考えましても望ましくはありません。
夏は塗料の乾きが早いので良い面も悪い面もございます。
それらを踏まえますと屋根塗装に最適な時期は天候が穏やかな時期や季節が最も望ましいと言えるかと思います。

サイディング貼替えの目安費用感

続いて外壁の貼替え時の目安となる費用感のご説明です。
是非参考にしてくださいませ。

サイディング貼替えの目安費用感

続いて外壁の貼替え時の目安となる費用感のご説明です。
是非参考にしてくださいませ。

  • 板金
    ガルバリウム横葺

    6,500円/㎡

    カラーステンレス横葺

    11,000円/㎡

    ガルバリウム横葺 片流れ、切妻

    5,800円/㎡

  • カラーベスト

    6,500円/㎡

    ルーフィング(全案共通)

    850円/㎡

サイディング貼替え工程日数

工程日数は建物規模にもよりますが、一般的な家で上張りの場合は、約2週間(実働10日)、撤去の吹き替えは約3週間(実働15日)となっております。
こちらも時期的な問題は特にございませんが、雨天はできないので梅雨時期・台風時期などは工期延長もあり仕上がり・費用感の両面から考えましても望ましくはありません。

外壁塗装とサイディング貼替えの工程の流れ

外壁塗装

  1. 現地調査(採寸)
  2. 塗料の説明・種類・色確定
  3. ご契約
  4. 工事開始
  5. お客様チェック
  6. 引渡し

外壁の定期チェックにつきまして

ドローンによる空撮画像で外壁に傷みがあるかチェックをいたします。

  • 万が一、弊社過失により修繕等が必要な場合は無償にて早急に対応いたします。
  • 外壁のチェックの頻度につきましては予めご相談させてくださいませ。

サイディング貼替え

  1. 現地調査(採寸)
  2. 塗料の説明・種類・色確定
  3. ご契約
  4. 工事開始
  5. お客様チェック
  6. 引渡し

外壁の定期チェックにつきまして

ドローンによる空撮画像で外壁に傷みがあるかチェックをいたします。

  • 万が一、弊社過失により修繕等が必要な場合は無償にて早急に対応いたします。
  • 外壁のチェックの頻度につきましては予めご相談させてくださいませ。

外壁リフォームのお得な情報等

お客様が得する情報を公開してしまいます!
是非ご参考にして外壁のリフォームにお役立てくださいませ!

  • 外壁塗装リフォームを行うのに最適な季節は雨の少ない時期を狙うのが定石!
    同じ塗料・同じ職人でもよりムラなく綺麗な外壁の仕上がりが期待できるんです!雨漏り対策を兼ねて余裕を持って計画を立てていきましょう。

  • 外壁塗装リフォームを少しでも安くしたい場合はリフォーム業者と塗料の相談をしよう!
    在庫が沢山あったり、問屋で安売りしている塗料を使うことを条件にしてもらえば、その分お安く外壁塗装リフォームをすることが出来ます!!

  • 外壁塗装リフォームをお安くする方法がもうひとつございます!
    屋根塗装も同時にリフォームすることで足場を組んだり塗料を用意する経費が1度で済むので結果、単発の外壁塗装リフォームよりも確実に費用や予算をお安くすることが可能!

お問い合わせはこちらから