古い砂壁。塗り替えリフォームするかクロスに貼り替えるか?

 

雨漏り修理工事などにお伺いする機会が結構り、たまたまだと思うのですがお家の壁が古い砂壁のケースが半分以上の確率で確認出来ました。
最近の新築では和室以外に砂壁をわざわざ使うことが少なくなり壁紙クロスでの新築や内装リフォームが大多数を占めています。
昔ながらの砂壁のお家の場合、また新たしい砂壁を塗り替えするかそれとも壁紙クロスに貼り替えリフォームするか悩むところです。

 

■リフォームを機に壁紙クロスに貼り替えることを決断しましょう

 

 

砂壁でないと雰囲気や質感が出せないという部分があり、そのような趣を大切にされたいという皆様はこのまま砂壁の塗替えを選択いたしましょう!

 

しかし特に思い入れやどちらでも良い、リフォーム業者にお任せするよ。
ということでありましたら今回のリフォームを機に壁紙クロスへと貼り替えましょう。

 

砂壁も壁紙クロスも両方いいところやメリットも沢山あります。
例えば砂壁でしたら…
・調湿効果がある
・耐火性に優れている
・日本古来の風情や趣を表現できる

 

壁紙クロスでしたら…
・リフォーム費用が安い
・色々な質感やカラーがありデザイン性が非常に高い
・リフォーム期間が早い

 

片やデメリットを考えてまいります。
砂壁の場合ですと…
・カビがダニが発生し易い
・劣化するとポロポロ剥がれ落ちてくる
・臭いを吸収しやすい

 

壁紙クロスの場合ですと…
・ビニールクロスは臭いがある時が
・布クロスは伸縮性がないので
・紙クロスはちょっと高い
・無機質クロスはちょっと安っぽい

 

まぁ…見事なまでに一長一短です。
しかし表題で
【リフォームを機に壁紙クロスに貼り替えることを決断しましょう】
とお伝えしましたのは費用と工期とデザイン性、そして衛生面や次回のリフォームスパンを考えた上でおすすめをさせていただきました。
こだわりが強い場合は、先程もお伝え致しましたが砂壁で問題ございません。

 

■まとめ

 

 

今の技術や基準でしたら壁紙クロスが原因でシックハウス症候群になったりは悪徳リフォーム業者や新築の建築会社でなければほぼ100%防げると言っていいでしょう。
逆に各社建材メーカーなどはアレルギーゼロの建材を全面に出してセールスしているからです。

 

砂壁も衛生面にさえ気をつけ塗り替えスパンを短くすればカビやダニの発生、ポロポロと剥がれ落ちることを防げます。

 

小田原リフォームラボといたしましては、砂壁に特にこだわりが無いのであればそこで使用しなかった予算と工期を他のリフォームに充当された方がより素敵なお家へとなるのでは?
と考えました。

 

弊社小田原リフォームラボのホームページの施工事例に砂壁のリフォーム事例も掲載しております。
是非ご参考にしていただき、その足でご連絡やご相談を戴けましたら幸いでございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL