寒く冷たいフローリング床は床暖房リフォームで解決!

この台風と秋雨が終わりますと短い秋晴れと紅葉が素敵な晩秋が訪れます。毎年毎年この時期になると感じるのがフローリング床などの寒さと冷たさ。エアコン暖房いくら入れても思ったより改善できないで床暖房リフォームで解決しちゃいましょう。

■一家に数台エアコン暖房があるのにフローリング床は何故か寒く冷たい

今、大体のお宅が一家に数台のエアコン暖房があると思います。
ない場合でもそうしましたら複数台のファンヒーターなどがあるかと思います。

それなのに何故か毎年フローリング床だけは冷たく寒い…。
足裏は冷たく痛いし、膝や腰にも負担が…。

終いには肩こりや偏頭痛まで発生してしまってこりゃ暖房やストーブ入れてもその場しのぎにしかならないなと分かりました。

話は変わりますが小田原リフォームラボのお隣、箱根町などの温泉街では足湯なるものが無料で浸かれたりします。

足湯ってめちゃめちゃ温まりますよねぇ…。
ふくらはぎくらいまでしか浸かっていないのに下手すると汗ばむくらいポカポカになります。

それをご自宅のフローリング床で体現しない限りはこの先ずっと冷たくて寒いのが続きます。

■フローリング床を床暖房にする大きなメリット

エアコン暖房入れようが床暖房にしようがどちらにせよ冬場は空気が乾燥するので部屋が乾燥しない。

ということは申しません。
小田原リフォームラボが考える大きなメリットとして…

・フローリング床の寒さと冷たさがゼロになる。

設定温度によりますがあれだけ寒く冷たかったフローリング床がポカポカになります。
本当にびっくりするくらい温かくなり、なんでもっと早くリフォームしなかったんだろう…と感じると思います。

・電気代やガス代がそんなかからない

電気式でもガス式でも床暖房リフォームをしたら余計に電気代やガス代が掛かるんではないか…?

とご不安に感じるかも知れませんが、足元が温まった分エアコン暖房やファンヒーター、ストーブの使用頻度がかなり減ります。

・埃がたたない運ばない

エアコン暖房やファンヒーターは即効性があるので便利ですが直接温風が出ますのでどうしても埃や風邪のウィルスなどを撒き散らしてしまいます。

カビやダニ、シバンムシの死骸なども同様にです。
床暖房リフォームをすることで温風はないので上記リスクにさらされないどころか体や顔に直接風が当たらないので非常に快適です。

■まとめ

唯一のデメリットといえばそれなりのリフォーム費用でしょうか。
しかし、便利になったり快適になる対価としては非常にお安いと思います。

頭寒足熱を体現出来ますので風邪などもひきにくくなり体もポカポカ。
冷え性のご家族様には大変好評になると思います。

またエアコン暖房やファンヒーターの風でぼーっとしたり、ムーっとしたりすることが極力なくなりますので冬場特有のもわ~っとしたあの嫌な感覚に襲われなくても済みます。

ひとつ忘れてました!
【バリアフリー効果も絶大!ヒートショックを防いでくれます】

朝起きた時、夜中目覚めた時、極寒のフローリング床はヒートショックの原因のひとつで毎年多くの死者を出しています。

運良く助かったとしても倒れる訳ですから骨折をしたり、不整脈のようなクセがついてしまったりといいことはありません。

特に小さなお子様や初老のご家族がいらっしゃいますなら床暖房リフォームをしてご家族の健康と安全も同時に守りましょう。

床暖房リフォームについて詳しくご相談されたい場合はお気軽に小田原リフォームラボまでお話お聞かせくださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL